〝大切な人たちのために、自分の音楽を〟

もう1年近くも前のことですが、私の高校時代からの親友の結婚祝いに、ピアノソロの作品を書きました。
高校生のときに、「優香の曲でバージンロードを歩くのだ!」と冗談交じりで言ってくれていた彼女が、本当に、私の曲をバックに、ドレス姿で、ご両親へのお手紙を読んでくれました。

「誰か一人のために曲を書く」ことは、これまで、クラシック界でも多くの作曲家がやってきたことですが、こんなに難しいことだったとは…。

いつもと違う、やりにくさ、想いの強さから、そんな風に思っのですが、そんな矢先に、今度は大学時代からの友人の結婚式で、歌曲の伴奏をする機会をいただきました。

シューマンの「献呈」とリストの「愛の歌」。

言わずと知れた超有名ラブソング。

これがまたどちらも、公にもそうでなくても、誰かを想って書かれた本当に素晴らしい音楽で。

最近、身を以て体験していたこともあって、その感動は、より深く。

また、この作品を自身で演奏していたことを思うと、彼らの創造力・表現力はどれだけ大きなものなのか…。

おめでたい機会に、誰かのために書くことと、誰かのために弾くことで、改めて、これまでの作曲家の偉大さと大胆さに、唸るように感心してしまいました。

難しいとわかっていながらも、それ以上の「何か」に手が届きそうになる気がして…

これだからやめられないんですね。

 

堀 優香

Pocket

カテゴリー: BLOG