〝夏の終わりのビッグイベント〟

3時間ほどに及ぶ長い長いイベント、地元出身者たちによる名曲コンサートが大盛況のうちに終了いたしました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!

忙しく、贅沢で、音楽の力と地元の温かさに喜びを感じた長い1日でした!

一部では、司会をしながら、いつもお世話になっている先輩 若鍋久美子さんと「剣の舞」を演奏し、最後に新曲「ロシアン・スクランブル!」を地元で活躍する6人のピアニスト、南澤鈴華さん、西垣亜由子さん、佐星美緒さん、江川千尋さん、近藤綾奈さん、高梨郁さんに初演してもらいました。(今年のテーマは「ロシア音楽」でした!)

二部では、この曲のために集まってくださった合唱団に昭和ポップス組曲「郷愁のうた」を、昨年に引き続き、星野行江先生指揮、大ファンのピアニスト吉川みくりさんの伴奏で初演していただきました。

拙作の初演に関わってくださった、6人のピアニスト、それから40名弱の合唱団のみなさま、星野先生、みくりさんにも、心より感謝いたします。どちらの編成も、もっと良いものを、ぜひともまた書いてみたいと思っています。

それから、今年もたくさんの人と会話をしました。小学生のころ、中学生のころ、高校生のころなど、人生のどこかで接点のあった人たちと会場でばったり会えるのも、こうした地元のコンサートならではの醍醐味です。

総勢200人近くもの出演者とスタッフが、大きなホールの館内を動き回っていた、大きな大きなコンサートでした。出演者が演奏に集中できるよう、裏で支えてくださる方々がたっくさんいます。感謝の気持ちを伝えたい方がたっくさんいます。どこかでこの記事を見つけて、読んでくださっていたら嬉しいです。9E3C9243-0845-435D-A8D8-28F7FAAF7F06 BE283A31-6CBC-44AF-A12B-55E2DBA08167

写真は、堀アレンジの「春よ、来い」のイメージでみくりさんが選んでくださったお花と、ヘトヘトふわふわのまめさんと私(笑)

2015年9月 堀 優香

 

Pocket